ペットに多い生活習慣病|【大切なペットと過ごす】動物病院やペット火葬の利用方法

ペットに多い生活習慣病

女性と犬

ペットに多い肥満

ぽちゃぽちゃとした丸い見た目が可愛いから、食べてる姿を見るのが癒やされるからなどという理由でペットに食べ物を必要以上の量与えてしまう方もいます。犬や猫などをはじめ、ペットは自分で食べる量を調節することができません。飼い主が与えた分、食べてしまう場合が多く、その分太ってしまうのです。
太っても可愛いとおっしゃる方もいますが、ペットの肥満は人間同様さまざまな病気を引き起こしてしまいます。太ったことにより体重が支えられなくなり関節に支障をきたしたり、糖尿病になってしまう可能性も大きくなってしまいます。

ペットが太ってきたと感じたら

それほど餌を大量に与えていなくても太ってしまう場合もあります。避妊や去勢などをしていると太りやすい体質にもなってくるからです。しかし、ダイエットをすると痩せ過ぎて栄養が足りなくなってしまうこともあるので注意が必要です。ペットの肥満に対する知識に不安がある場合は動物病院に相談してみましょう。千葉には優良な動物病院が多くあります。動物病院にペットの健康を定期的に診断しに行くこともおすすめです。犬や猫はそれぞれ適切な体重があります。その体重についても教えてもらうことができ、どのような餌を与えたらよいのか、どのような運動方法を取り入れたらよいのかなど、さまざまなアドバイスを受けることができます。

定期的に動物病院へ行こう

避妊去勢用の餌やダイエット用として販売されている餌もありますが、その種類やメーカーはさまざまで、ペットの体質に合わない場合もあります。また、小型犬用として購入しても、適切な量がわからずあげすぎてしまっている方も少なくありません。大切なペットの健康を守るためにも、動物病院での定期的な健康診断を受けることをおすすめします。

広告募集中